Pleasure Seeker's

~ゆかいにあそんでお気楽じゃまあいいかライフ~

ビレイデバイス(確保器)について

 ブラックダイヤモンド(BD)の『ATCパイロット』を購入した。

新しもの好きってわけではないが、新商品はやはり欲しくなってしまう。

  f:id:takedon07:20180206163814j:plain  f:id:takedon07:20180206163831j:plain

 いつも使っている確保器はエーデルリッドの『ジュル2』。エーデルリッドの製品を使い始めたのは2014年の春に『メガジュル』を購入してから。2016年の春からは『ジュル2』を購入し二つ目に。それ以前はBDの『ATC』、『ATCスポーツ』を使っていた。

 『メガジュル』を購入した理由はもちろんフォールを確実に止めるためではあるが、❝もしも万が一の時❞に備えてのためである。

その❝もしも万が一の時❞とは一体どんな時か?それは自分の身体に何かが起こった時の事である。厄年をとうに過ぎ、あちこちガタがきている。そのくせ身体的精神的にかなり負荷の高いことばかりしている。腰や膝なんかの痛みはほぼ慢性化、体力はなかなか回復しないし疲れは抜けない。自覚症状があればいいが身体の中の事はさっぱりわからない。最近血圧サージなんて言葉をよく耳にするし・・・。

ビレイ中、例えばいつ何時虚血性の疾患を発症するかもしれない。そうなった時、自分はおさらばしても、クライマーを道連れにするわけにはいかないので。。。

そう思うと確実に止める、最悪ロープから手を放しても止めることのできる確保器が必要となる次第。

あとは操作性と重さ。『ジュル』シリーズの操作性は『ATC』に近いので間違いを起こしにくい。『グリグリ』や『シンチ』のようなカムを利用するブレーキアシスト機能付きのデバイスは操作するのに慣れが必要だったりする。

『ジュル2』を使っての問題点は、ロープを引いた後すぐに繰り出す場合、ロックがかかってしまい、繰り出しに若干もたつく点。ロックを解除するには親指をブラケットに通して上に引き上げて解除するのだが、親指を通すのにいちいち手元を見なければいけないので、どうしても素早い繰り出しが出来ない。目視しないで出来ればいいんだけど。。。

重さについては『ジュル2』が105g、『グリグリ2』が170g。それほど変わるわけではないけど・・・。

結局自分にとって使い易いと思えるのが一番って事かな。

 

 

 さて『ATCパイロット』、使い勝手はどうなんだろうか?

   f:id:takedon07:20180206173109j:plain

重量は『ATCパイロット』86g、『ジュル2』105g

対応ロープ径は『ATCパイロット』8.7~10.5㎜、『ジュル2』8.9~11.0㎜

ATCパイロット』は後発だけあって細径対応だし軽い。操作性もよさそうなデザインになっている。

黒い部分が樹脂製なので踏んづけたりしないように気を付けないと。

   f:id:takedon07:20180206174246j:plain

いつも使っている『コンセプトHCスクリューゲート』と組み合わせたところ。

ロープを引いたときカラビナの回転防止用のワイヤーと干渉しないように⇔部分のクリアランスが必要である。なのでDMMの『ビレイマスター』のようなゲートにカバーがついているカラビナは使えない。

   f:id:takedon07:20180206175655j:plain

早速ロープに通してみた。結構いい感じである。早く使ってみたいなぁ。

 

 

 

 

 

 それにしても『コンセプトHC』は傷まるけ。こいつも買い換えないと。

今度はグリベルの『クレプサイドラK10G』にしてみようかな。

 

 

 

雪!こんなはずじゃぁ

 昨日は笠置山ボルダリングの予定だった。しかし残念なことに・・・。

 

 前夜、Icemanと久しぶりに一緒に遊ぶ約束を取り付け、レーダーとアメダスをチェック。レーダーの予想では問題なさそうだし、アメダスの降雨量/積雪深はずーっと0が並んでいる。よし、明日は頑張るぞ!!と床に就いた。

ん、ノンちゃん塾が終わってお迎えに行ったとき、雪が舞っていたような・・・。

 朝、市内は曇っていたが恵那に向かうにしたがって天気は良くなってきた。が、瑞浪に入ったあたりから陽の当たらないところにはちょこちょこ雪が残っているではないか。なんかイヤな感じ。高速を下りていつもの山道、木曽川を渡る手前、道路にはしっかり雪がついていた。しかも下り坂。肝を冷やしながらも記帳所に無事到着。Icemanからのメールを確認すると、エリアはしっかり雪が積もっている、との事。どうしようか、行ってみるか、折角来たんだし。

で、林道に入ると

   f:id:takedon07:20180131162152j:plain

なってこった!こんなんじゃたとえエリアに到着してもとても帰れそうにないぞ。Uターン出来そうなところまで行って帰ることにした。

まぁ、こんなこともあるさ。

 

 年末にタイヤを交換した。新車時装着タイヤは横浜ゴムの『GEOLANDAR H/T』(たぶんそうだった)。それをブリヂストンの『ALENZA 001』に履き替えた。当初、同社の『DUELER H/L』にしようかと考えていたが、オンロードでの性能を優先して『ALENZA』にした。このタイヤ、確かにドライ&ウェットでの性能はとても高い。『GEOLANDER』と比べるとビックリするくらいの差(そりゃそうだ、全くコンセプトが違うから)。しかも静か。乗り心地は一寸固くなったかな。しかしながらマッド性能・浅雪性能は✖。そういうタイヤじゃないからね。

これが『ALENZA』じゃなくて『DUELER』か『GEOLANDAR』にしていたら

きっと行っちゃていたと思う。あぁ恐ろしい・・・。

そんなことよりちゃんと冬タイヤ、雪装備を、ってことなんだけどねぇ。。。

 

 さて、Icemanはというと、『ネブラ』を整備してやって来たんだって。

こんな最悪の条件でも岩に触れて羨ましいなぁ。

 

 

 

祝!Iceman!!『アクシデント・ウルフ』R.P.

 

 4月25日は鳳来・ハイカラ岩でのクライミング。前日は恵那・笠置山で登ったので身体はヨレヨレ。二日続けてのリードは初めてだったけど、やっぱりキツかった。

 この日は晴れ、気温は15℃、湿度50%。岩もパリパリに乾いていて最高の状態。自分達の他にクライマーは2組で4人。ハイ・シーズンなのに意外と静かなハイカラだった。

 いつものように『入門』でアップを済まし、『パンダ』へ。先着していたクライマーがすでに『パンダ』に掛けていたので、お借りしてトライ。『ウルフ』から分岐するところでテンションが入ってしまった。結局ワンテンだったが進歩無し。2本目はもうボロボロ、身体がまったく動かない。時間もかかるし、ギアは借り物だし、無理して登って事故を起こす可能性も無いわけではないので、ここは潔く?敗退。情けない・・・。

 で、Iceman。前日も一緒に登っていたのに調子は良さそう。1本目はリップ取りで落ちてしまった。2本目のトライ、出だしのアンダー・マッチで剝がされそうになった時は一寸ドキッとしたが、そのあとは安定した登りで確実にこなしていく。そしてリップ取り、クリップ!ビレイしていてドキドキ、核心を越えてガバを取りクリップしたときは心の中でガッツポーズ、無茶苦茶嬉しかった。

    f:id:takedon07:20170515161914j:plain

フェイスに出てからは順調順調、ビレイポイントからはよく見えないけどね。ロープを出しながらいろんな思いがあふれ出てきて、嬉しくて嬉しくてもう大変だった。

Iceman、おめでとう!

 

 Iceman渾身の登りはコチラ

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/lb72XfhADDg" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

 少し登り足りない気もしていたけど、身体がダメダメなんでいつもより少し早めに撤収下山。しかしこれが大正解。下山がこの日一番の大仕事だった。さらにIcemanと別れた後、もう眠くて眠くて運転が大変。事故にならなくてホントよかった。

連日のリードは、やっぱひかえたほうがいいのかなぁ。

 

 

『猫も杓子も』

 4月12日は今年3回目の鬼岩でのクライミング

今回のパートナーはicemanではなく、トクマスくん。前日が雨だったので行こうかやめようか迷ったけど、『猫も杓子も』を狙っているトクマスくんは行く気満々なご様子。雨量はそこそこあったが、気温は低く、南からの風でもなかったので作戦実行することに。とはいえ実際到着するまで結構心配だったが、岩の状態はとてもよかった。天気は晴れ、最高気温(河原)は12度。湿度55~65%。

 

 さて、この日はトクマスDayというわけで、トクマスくんにお付き合いして河原で遊ぶことに。そのトクマスくん、アップから『猫杓』。ギアを掛けながら入念にムーブの確認。これがまぁ~長い長い。河原は風が通るから寒いし、他にクライマーはいないし、その他諸々あって文句は言えんし・・・。こんな時じゃないとやりたいと思っていたことが出来ないから、準備のため久しぶりに『猫杓』にとりついた。

何回かテンション入れたけど、思っていたほど大変じゃない感じ。何度もリピートしているけど、少しは上達しているような気がしないでもないかな。リピートするのもやっぱり大事なことだね。

     f:id:takedon07:20170422221858j:plain

 さて、トクマスくんのトライ、ギャラリーがいないのが一寸残念だけど、このピリピリした感じ、いいねぇ。出だしは順調、中間部もムーブを迷うことなくこなしレストポイントへ。足が決まっていないのか左手が上手くシェイクできていない。んー、大丈夫か。数手をこなしクリップ、一寸レスト。さぁ、左右の猫パンチで終了点だ、頑張れ!トクマスくん、がんばりました。完登おめでとう♪

 で、やりたかった事とは?

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/ALkyeJOcSlI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 トクマスくんもR.P.して、自分もやりたいことが出来て、いい一日だった。

そして何よりも自分のビレイでR.P.!これは何度経験してもとても嬉しい。

トクマスくん、おめでとう!よく頑張った。

 

 

 

 

 音楽つけるかどうかすごく迷ったけど、一寸ピリピリした感じを出したかったんで後半だけつけてみた。まぁ、よかったかな。

 

 

 

 

 

 

残置ワンちゃん

 3月に入ってから鳳来でのクライミングを再開した。

10日は2回目の鬼岩、この日は晴れ時々曇り、しかし気温は上がらず5度止まり。風が強く、しかも昼過ぎには雪もちらつきとても寒かった。

 クライミングにはかなり厳しい条件ではあるが山登りには最適なようで、平日にもかかわらず何組か登山者がいた。そんな中、ワンちゃん連れのマダムが登ってきた。お供はよく躾けられた中型の雑種犬。「こんなところ登ってるのぉ~、すご~い。見てたいけどこの子がいるから・・・(云々かんぬん)・・・」と言って登って行った。

 しばらくすると乗越(尾根)の方から犬の吠える声が。なかなか止まないし、遠ざかる気配もない。だんだん変な感じがしてきたもんだから鬼岩乗越(尾根)まで行ってみた。するとさっき登って行ったワンちゃんが残置されているではないか。なんてこった、かわいそうに・・・

    f:id:takedon07:20170318192927j:plain

 まぁ、左手の急坂を登れなかった?からワンちゃんを置いていったの思うが、この先❝胸突き八丁❞の急登やハシゴ、鎖場、❝馬の背❞なんかの難所が続くので、ここを超えたとしても、きっと何処かで残置されるとは予想できるのだが、はてさて、いかがなものか。。。

 

 お昼過ぎ、最終トライをしようかという時、件のマダムがわんちゃんと下りてきた。そこで声をかけた。

「ワンちゃん置いて行きましたよね、ずっと吠えていましたよ」

「え~~っ、そうなんですか?この子普段吠えないんですけど」

「いやいや吠えていました。あんまり吠えてるもんだから、なんだか心配になって何かあったんじゃないかと思って尾根まで様子見に行きましたよ」

「えーーっ!見に行かれてんですか?」

「そうですよ、ずーっと吠えてたもん、ホントに何かあったんじないかって心配になったもんだから」

「そうでしたか、本当にすみません、もうしません、・・・」

マダムは反省しきり、コメツキバッタのように何度も頭を下げて下りて行った。

その様子を見ていた相棒のiceman

「うまいこと言いましたねぇ~、これで山に連れて来なくなりますかねぇ~?」

そうだといいけど。。。

 

 いつの頃からか山に犬を連れてくる人をちょくちょく見かけるようになったが、どうかなぁ~、って思う。

犬と一緒の登山者を見かけるたび、どうかなぁ~、って思うのは、犬が苦手な人がいるということ。犬が苦手な人にとっては犬の大きさなんて関係ないんじゃないかな。たとえよく躾けられているとしてもポメもドーベルマンも一緒、抱っこされてようが柵の中に入ってようがダメなものはダメ。今回みたいに登山道をふさいでいたら、犬だダメな人はここで進退窮まっちゃうよ、きっと。チョッとまいて(道をそれて)進むこともできるだろうが、それで事故にはならなくてもそれはそれで面倒だし、危ないと思う。

 犬敗退、そんな結果にならなくても、折角来たのに嫌な思いをするのは、やっぱりどうかなぁ~。。。

 ちなみに僕もicemanも犬好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 で、クライミングは?

今季2回目の鬼岩であったが、心配だったアプローチは思いのほか大変じゃなかった。それが最大の収穫かな。パンダは2テン、これはもしかして上出来かも!?

楽しいシーズンになるといいな♪

 

 

卒業式

 3月16日はノンちゃんの卒業式でした。

なんかちょっと前に入学したばかりのような気がしないでもないなぁ~。

長かったようで短かった6年間でした。

    f:id:takedon07:20170318172226j:plain

 校長先生から卒業証書を授与されたあと、子供たちひとり一人が『将来の夢』や『中学での目標』を発表。感動した。みんな、頑張るんだぞ。

 

 式が終わったあと子供たちは最後の学級活動。それが終わるのを待つ間、スライドショーを見せてもらった。6年生の時だけではあったが、授業中や放課(休み時間)の様子、給食や実習、校外学習、修学旅行、運動会・・・。学校での生活を垣間見ることが出来てとてもよかった。

 ノンちゃんの通っていた(もう過去形なんだぁ)小学校は全児童数127人、各学年1クラスでノンちゃんたち6年生は21人だった。

入学当時、クラス替えもなく6年間同じクラスメートとずっと一緒で、逃げ場(ほかのクラスの仲のいい友達など)がなく、上手くやっていけるか心配していたけど、スライドショーを見て、そんなに心配することはなかったんだ、6年1組は結束力が強くとてもいいクラスだった、ってことがよく分かった。

親の知らないところで子供はどんどん成長していくんだなぁ。

先生方にはホント感謝です。

 

  ノンちゃん、卒業おめでとう。

 

 

 

卒業式で一番泣いていたのはやっぱり横ちん(3年と5年の時の担任)。しかも子供たちより派手な黄色い袴だったし。

先生、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

今池大セッション

 先月、プレイマウンテン今池店で行われていた『ねぇ笑って...今池大セッション!~替えてホールドオンミー~』のリザルトが発表された。

    f:id:takedon07:20170309164653j:plain

結果はなんと8位!!100課題中82課題完登。頑張りました。

    f:id:takedon07:20170309164701j:plain

 完登数だけを競うルールだったのでそれだけ見ればなかなかの好成績だが、実際はトライ数が多くなってしまった課題が結構あった。まぁ何時もの事だけどオブザベが出来てなくて無駄にトライを重ねたっていうのが原因の一つではあるが。

また苦手なムーブがあったり、嫌いなホールドが幾つか続く課題は全くダメ。完登までかなりの本数を出した。ボリュームやピンチは嫌いだし、フックを使うムーブやスラブのバランスはホント苦手、やらなきゃとは思うんだけど・・・。

 

 まずは完登出来た課題をリピートしてみようかな。中にはマグレで登れた課題もあるかもしれないからなぁ。